塾の開業は、立地とテナント選びが大切。

塾を開業するにあたって、立地条件やテナントは慎重に判断したいところです。
どんなに講義に自信があっても、生徒が集まらなければ意味をなさないからです。
まず立地条件ですが、学校と生徒の自宅の間にある事が望ましいです。
例えば、中学校の周囲1キロ以内であれば、十分に学区内の範囲といえ、徒歩で通学しているであろう生徒にとっても自宅から近く、下校途中に立ち寄る事も出来ます。
つまり、団地や住宅街、駅前など、いかにも生徒が集まりそうな場所でなくとも、生徒の確保は可能なのです。
次にテナントですが、外観を第一に考えましょう。
そこそこ新しく、道路に面しているテナントが好ましいです。
古い建物は当然避けるべきですが、なぜ道路に面しているテナントが良いかというと、窓に塾の名前や広告を掲げる事が出来るからです。
開業当初はまず、そこが塾である事を認識してもらう必要かあるので、是非とも満たしておきたい条件です。